言葉が通じなくても★

ロンドンに住む、

女友達Kを訪ねた時、

 

彼女の旦那さんTの

両親とお祖母さんも

 

ギリシャから、

ロンドンへちょうど

遊びに来ていた。

 

ギリシャTは、ギリシャ人。

ドーンと大柄で、

まゆ毛くっきりの彼は、

 

ギリシャで、

プロサッカー選手として

活躍していたこともあるらしい。

 

しかし、膝の故障で、

若くして引退を

余儀なくされたそう。

 

その後は、軍隊に入り、

なぜだかイギリスへ移住。

 

私たちの友達Kと

知り合って結婚したばかり。

 

泊めて貰った最初の夜、

「ここに寝ていいよ!」と

通された部屋の机上の

ノートパソコンの横に、

デカイマウスのような物体があった。

 

それを見て、SSが、
「わー、やっぱり、

ギリシャTは大柄だから、

マウスもデカイねぇ!」なんて、

本気で言ったら、

 

ギリシャTが、

「それは、モデムだよ 💦」と。

 

SSは本気で、

それは、ギリシャT用の

巨大マウスだと思ったらしい。

無理もないが・・・

 

女友達Kと、私で、

それが、おかしくって、

笑いが止まらなかった。

 

話し戻って・・・

 

そのギリシャTの家族は、

全く英語が話せないし、分らない。

 

彼らの嫁であるKは、

ギリシャ語が少し話せるものの、

Kの両親は、

全くギリシャ語は話せない。

 

Kの両親と、

ギリシャTの家族が、

どうにかこうにか、

一生懸命会話をする光景は、

 

私達夫婦の両親達が

集まった時の光景を思い出させる✨

うちの両親は英語全く話せないし、

Steveの両親も英語しか話せない。

 

Kの家のリビングで、

ギリシャTの家族と

私達夫婦だけが、

取り残された事があった。

 

私達も、ギリシャ語はわからない。

 

ギリシャTの家族も、

英語はわからない。

 

でも、シーンとそこに

座っているだけにはいかない。

 

”んー、どうやって話をしよう・・・?”と、

思っていると、

 

ギリシャTのお母さんが

何やら言いながら、ニコニコ。

「ん?え?何何?」と、私達。

 

「ミクラ、ミクラ♪」と、

今度は聞き取れた。

「ミクラ?」

「ミクラ♪」と、お母さんは、

手振りで小さい、小さいとやって

私達を指差している。

 

どうやら、私達夫婦は

「小さくて、かわいいねぇ」と、

言っているよう💡

 

それから、

未だニコニコのお母さんは、

薬指の指輪を指差し、

手で長さを表し、私達二人を差す。

 

あぁ、結婚して何年か

聞いているんだ!とすぐわかり、

手で数を表した。

 

次に赤ちゃんを

抱っこする格好をして、

私達を差したので、

「あ、子供はいるかどうか聞いている」

ってことが分ったので、

「まだまだ。」の手振り。

理解してくれているよう。

 

その間でも、「ミクラ、ミクラ♪」と、

時折言って、

抱きしめたくなるくらいよ♪みたく、

ハグしてくるお母さん。

 

その後も、どうにかこうにか、

私達は、ギリシャ料理が好きだということ、

いつかは、ギリシャに行ってみたい・・・などの話をした。

 

お母さんは、

「いらっしゃい、いらっしゃい!

私が手料理振舞うわよ~♪」みたく、

ゼスチャーしてくれた。

 

今思えば、

英語を使わないで、

結構話が出来たもんだ~と、

不思議ではあるが、

言葉は通じなくても、

どうにかコミュニケーションは

できるもんなんだ~!と思った。

 

いつか、本当に、

KとギリシャTに便乗して、

ギリシャへ行ってみたいな~★

follow us

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です