2015 台北・ベジ料理教室レポート

 

11月に台湾の台北市で初めて菜食ベジ料理教室を開催しました。

日本以外での料理教室開催は、今年の4月に中国・成都市で開催以来、2回目になるこの試み。中国・成都市の料理教室レポートはこちら

台湾にはいつもNYのJules先生のヨガイベントに参加するために行っていましたが、そのJules先生のヨガイベントで知り合った現地のお友達、Rubyの協力で実現しました。Rubyの熱意とサポートのおかげで2クラスを無事に開催し、参加者の皆さんに喜んでいただけて本当にホッとしました!

Rubyに熱く「Steve&tMegの菜食ベジ料理教室を台北でしたい!!」と後押しされ、去年から少しずつ準備してきたこのイベント。Rubyが熱狂的に動いて、場所の確保に参加者への告知、その他のサポートがあったおかげで実現しました。

参加者は全員が台湾人、ほとんどの人がベジタリアン、またはビーガン、どちらでもない人が数人。英語がわからない人もいますので、クラスは全て英語で私たちが指導するスタイルで、Rubyが中国語の通訳をしてくれました。

今回は、厳格な仏教の食生活をされている参加者もいるということで、菜食ベジ料理というだけでなく、「五葷」と言ってネギ・ニンニク・ニラ・ラッキョウ・アサツキ(ワケギ)の玉根菜の5種類のもの、プラス現代では玉ねぎも含むものは使ってはダメ!そして酒類も一切ダメ!のとの直前の依頼があり、急遽メニューを変更するにもいかず、そのままのメニューで2クラス実施してきました。

台湾の人達は仏教に対する信仰心が非常に強いそうで、若い人たちでも、食事に仏教の影響を受けて、厳格に肉食を排除した食習慣を守っている人が多いらしいです。チベット密教や道教などの信仰でベジタリアンだという人もいます。

あと、何かの願いごとを成就するため1年間ベジタリアンになるという人もいます。ですので、菜食ベジのレストランや食堂は至る所に見かけます。ただし、色々な宗教や考え方のベジタリアンがあり、ベジタリアンレストラン(素食)と書いてあっても、乳製品や卵は使用している所もあるので要確認です。

 いつもの私たちの料理教室のポリシー「身近にある材料を使って、手軽に美味しい料理を作る」の通り、たとえ外国で料理教室をしても、現地の人たちが、現地で手に入るもので作っていただけるよう、今回も日本から持っていったものは、オレガノとナツメグのパウダーのみ。

そうしないと、せっかく料理教室に来てもらっても、自宅で再現できないですものね!

・・・ということで、急遽、玉ねぎ、ニンニク、洋酒の使用はなしでの料理教室。それでもピザに、豆腐キッシュ、アップルパイや豆腐ティラミスなどを続々作り、我ながら、それら無しでも全然大丈夫、美味しかったです。参加者も本当に美味しい!と大好評でした♪

豆腐キッシュは生地部分をご飯を使った際、余ったご飯で飛び入りメニューの焼きおにぎりも作り、三角おにぎりも珍しく、醤油とごま油を塗ってオーブンで焼いた焼きおにぎりの香ばしさと美味しさに、皆さんビックリされていました。

チーズを使わないのにチーズっぽい偽チーズをのせたピザも、いつになく美味しく仕上がり、アップルパイも手軽に美味しくできることに皆さん大喜び。ベジタリアンのケーキ店で働く参加者の一人は、クラス後に早速、家でも作ってみたそうで、報告メールがその夜届きました。一緒に食べたボーイフレンドも気に入ったそうです。

ティラミスも、コアントローやラム酒などの洋酒なしにし、代わりにオーガニックのオレンジエクストラクトを使用して作りましたが、これも全然、物足りないことはなく、これまた好評。今回、会場を提供してくださったベジタリアンレストラン「ソフィーズ・ガーデン」のオーナーさんに、「Megのティラミスはとっても大人!こんなしっかり大人なティラミス食べたことない!これに比べたら、自分が作るティラミスは子供っぽいったらありゃしない!」と、感激されました!

参加者の中に、クラス後に素敵なホテルで結婚披露パーティーに参加したという人が、素敵なホテルで出た料理より正直言って、私たちの料理が断然、心温まって美味しかった!と後日メールが届きました。ありがたいことです!!

こうしてSteveと二人、新たなチャレンジをうまいこと乗り切ってホッとしました〜!

今回も、たくさんの台北の方々と新たな出会いもあり、またまた新たなチャレンジも見えてきて、さらに楽しくなりそうです!!

参加して頂いた現地の方々、そして裏方として手伝って下さったボランテイア、アシスタントの方、通訳の方にも本当によくしてもらって、おかげさまで異国での菜食ベジ料理教室/第2弾が成功したことに、感謝感謝です!

台北に行く度に、色々なことにかなり刺激されて帰ってきます。

台北は本当にアツイ!です〜ッ!!

follow us

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です