中国・成都市で登山

駅からさらに車で30分強の山深い所で登山開始

駅からさらに車で30分強の山深い所で登山開始

2015年の春に

中国の成都市で料理教室を開催しに行った時に、

登山にも行ってきました。

 

中国人の友達Dongに

前々から登山がしたいとお願いしていて、

中国での登山はどんなものか

全く予備知識も、どこへ行くのかも謎のまま、

ただ彼女についてお任せ状態。

 

それがまた楽しいんですけどね!

 

私達が滞在していた成都市のど真ん中から、

ハイスピードの電車(特急?)に乗り、

田舎の風景が広がる広々とした

農業地帯を走り抜け遠足気分。

 

こういう外国での

列車から見える風景も

見逃したくない私。

 

じ〜っと車窓の風景をエンジョイ〜♪

 

アメリカも広いが中国も広い!

土地余ってます!

 

菜の花が一面に広がる畑は、

おそらく菜種油を作るためでしょう。

 

そうこうしてると、

うちの地元、金立の山々を

思い出させる田舎の駅に到着。

 

きっと駅から見える山に

軽い登山に行くんだと思いきや・・・

 

Dongを始め中国人3人の友達は、

駅で待機している、

タクシーの運転手と交渉し始めた。

 

もちろん中国語は、全くわからない私達は、

目の前の山に車で行くのかな?と思って

タクシーに気軽に乗ったら、

駅からさらにタクシーで

30分ほど山の中を走り、

標高も高くなり、

一体、

どこまでタクシーで行くんですか?の、

はてな?状態。

 

やっと着いた所は、

情緒溢れる映画のセットのような、

古い建物好きな私の心を

くすぐる観光集落。

 

湯布院のような感じかな?

 

散策したい!という、

私の強い要望をよそに、

まずは昼ご飯を食べよう!と、

レストランへ。

 

このレストランでのランチ話はこちら→「山奥のランチ」

 

ランチも済ませ、

気になる、この素敵な観光集落の

古い町並みを散策したい!という、

私達夫婦の願いは、

時間がないということで、

あっさり友達に却下されました(涙)

 

ランチした集落から、

さらにタクシーで山道を行き、

タクシーの運転手と友達が、

楽しく中国語で雑談する中、

爽やかな山の空気にホッとしつつ、

周りの自然を満喫しました。

 

成都の大都会から離れ空気も良い!

 

そして、1時間弱くらい経って、

や〜っと登山口へたどり着き、登山開始。

 

4月の初めの

穏やかな気温の中の、のんびり登山。

 

登山道は全て、

コンクリートで舗装されていて、

階段や橋が至る所にありました。

 

そこまで険しい山道ではなく、

手つかずの自然の眺めも気持ち良く、

おしゃべりしながら、

ホイホイ登るのには丁度よかったです。

こんなにたくさんの物をどうやって山奥まで運んだの?!
途中で見かけた屋台。登山道ですよ、ここ💦
こんなにたくさんの物をどうやって山奥まで運んだの?!

 

かなりの山奥だというのに、

登山道には行商の出店があちこちあり、

ジュースやビール、お菓子、

冷やしキュウリやパイナップル、

何かの肉料理のような、火を使った食べ物など

食べ物まで売ってるのには驚きました!

 

ちなみにビールは、

ぬるいまま飲むのが中国流とか。

登山中のビールは、

酔いが回りやすくなりそうで、やめた方が良さそう。

実際、普段は酔わないSteveも

酔って気持ち悪くなってました。

 

こんなとこまで、

売る荷物と調理する道具を持ってきた、

出店のおじちゃん、おばちゃん達はタフだわ〜!

歩いて登るしか手段はないと思うけれど。

・・・どうなんだろう?

このでっかいカゴに全てを入れて山登ってきた?!
このでっかいカゴに全てを入れて山登ってきた?!

 

どんどん歩くにつれ、

喉が渇き、ちょっと休みたい!と思うところに、

出店がうまい具合にある。

 

あずま屋のようなところで、

しばし、くつろげるのはありがたかったです。

途中、山道をマットレス✨を抱えて歩く人発見。

登山道ですよ💦

 

近くにある、避暑地の宿泊地へ運んでいるそう。

実は、車で途中まで来れるらしい。

 

この手段で出店の人達も物を運ぶのかな?

旅が大好きな、私が、

地球上の、どこへ行っても思うようにしているのは、

どこの国だから眺めが良い、

自然がきれい!とかではなく、

全てが地球の一部だってこと。

 

当たり前だけど。

 

どこへ行っても、

地球を散策している」という感覚を持って、

自然を見るようにしてます。

 

そうすれば、

そこはどこの国だからどうこうという、

先入観や固定観念なしで、

目の前の自然を

ありのままエンジョイできるからです。

 

中国大陸はかなり日本から近いのに、

なんとなく、中国の悪いイメージばかり先行していて、

日本に帰って「中国に行ってきた」と言っても、

誰もあまり興味を示してくれません💦

 

中国に行く前は、

中国は私にとっても、

全く知らない未知の世界でした。

 

でも、こうして成都に滞在し、

現地の人と触れ合い、

色々な話をしたことで、

ちょっとだけ、

私の中の中国地図が色づいてきました。

 

でっかい中国大陸には、

さらに私が知らない、

想像もつかない、

壮大な自然が広がっていると思うと、

その美しさ、壮観を見たい!とワクワクします。

 

もっと、

近くて遠い中国を

自分の中で自分の経験で色付けしていきたいです。

 

パワフルな中国大陸を、

もっともっと知りたい!と思った旅でした!

 

follow us

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です